1. HOME
  2. ブログ
  3. 美術館見学

美術館見学

2月に五島美術館の茶道具取合せ展へ見学に行って参りました。

東京には数多くの美術館がありますが、普段稽古で学ぶことのできない古い茶道具などを拝見できますのも東京の利点であると有難く思います。

これからも色々な美術館に赴き、皆で古き良きお道具を学んでいきたいと思います。

【受講生のコメント】

彩りどりの展示品の中で、私が最も印象的なのは南宋時期の[青磁筍花生]という作品です。宋磁器の制作は素朴で端麗であり、色がシンプルで、精巧且つ美しく描かれていることが知られています。宋人は淡雅を美としている為、磁器の装飾は繁雑ではなく、宋の焼き物はすべて実用的な形に作られていました。[青磁筍花生]は上記の美しさを完全に表現し、南宋時期青磁の集大成だと思います。異国の地で、このような優れた茶道具を見ることができて、感無量です。千穂菴そして澤井先生のお茶文化への招待には特に感謝しています。

琳琅满目的展品中,让我印象最为深刻的是:南宋时代的青磁筍花生。众所周知宋瓷制作端庄古朴,颜色简单,绘制精美,宋人以淡雅为美,所以瓷器上装饰并不繁缛,也多呈现其素雅大方实用的一面。青磁筍花生完全体现了上述美感,堪称南宋青瓷的集大成之品。异国他乡能够欣赏到如此上乘的茶道具,深感喜悦。特别感谢千穗菴以及泽井老师安排的这次茶文化之旅。